デビットカードって一体何?

デビットカードって皆さんご存知ですか?
あまり馴染みのない単語かもしれませんね。

デビットカードとは金融機関が発行し、銀行口座さえあれば作ることの出来るキャッシュカードのことです。
ネットでのショッピングや街での買い物で利用することができるんです。

ん?クレジットカードと何が違うの?と思った方もいらっしゃると思います。

デビットカードとクレジットカードの最大の違いは「取引の際に自分の口座から代金が即座に引き落とされる仕組み」ということです。

つまりクレジットカードのように使いすぎる心配がなく、16歳以上なら誰でも持つことが出来るのでとても手軽に申し込むことができるのです。
どういうお店で利用できるかというと、VISAに加盟しているお店なら基本的にはどこでも可能です。
クレジットカードを持つのが不安、後払いが嫌、という方にオススメですよ!

しかし年会費がかかったり、そもそも口座に預金がないと利用できなかったり、決済ができないところもあります。
なので利用の用途がかなり限られてくるというデメリットもあるんですよね。

またクレジットカードではないので当然キャッシング機能もついてきません。
もしキャッシングをお考えでしたら消費者金融のカードローンもオススメです。
使い道が幅広く、ストレスなしでお金を自由に使うことが出来ますよ。

こちらに大手消費者金融のキャッシングサービスが分かりやすく比較されているのでこちらを参考にするのもアリですよ!
もし少し興味があるという方は是非検討してみて下さいね!